ブログ青空

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を癒す!?本当にすごい「人生がときめく片づけの魔法」 - 2011.08.29 Mon

東京出張時に電車内の広告で目についたのが
人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
(2010/12/27)
近藤 麻理恵

商品詳細を見る


よくある説教っぽい”収納術”の本とは全然違いました。

意識から変えてくれるので片づけの概念が変わります。
片づけは「片づけ祭」一回片をつければ穏やかな日常が過ごせて人生が変わる・・・決して大げさではないなと思いました。

著者のこんまりさんによると、片づけって、学校でも教えてくれないので案外きちんとできる人が少ないそうです。
だからエリートやベテラン主婦でも片づけられないということがよくあるそう。
片づけオタクが高じて、片づけの「レッスン」という今までにない仕事を始めたこんまりさん。
レッスンをうけた生徒さんは、なんとリバウンドゼロ!だそうです。
こんまり流は、一言でいうと
決まった順番通りに自分の「ときめき」を信じて片づける。
詳しくは本に書いてあるのですが、
よくありがちな「使う、使わない」「着る、着ない」「必要、不必要」という捨てる選択ではなく
「ときめくか、ときめかないか」
とにかくちゃんとその物を触って、自分の心がときめくかときめかないか、直感でどんどん片づけていきます。
ときめかないものは捨てます。
基準は自分の直感という所がすごく良いです。

ときめかないものは捨てる!実家に預けるとか、誰かに譲るも無しだそうです。
あと捨てるものを親に見られてはいけないそうです。その理由も納得。
なるべく一人で静かにすませます。

結果かなりたくさんのときめかないものが出てきますが、
「あの時はときめかせてくれてありがとう」
「私には似合わないと教えてくれてありがとう」
などと心の中でお礼を言ってから捨てるのです。
これによって、捨てることの罪悪感が楽になるし、自分にとって本当に必要なものが見えてきます。
それに、ものに対しても、持ち主がそんなにときめかないのに嫌々持たれていたり、ずっとしまいこまれている方がずっと失礼だというのです。
確かに。

「なんでこんなもの買ったんだろう」
「せっかくもらったのにもったいない、捨てるのは悪い」
片づけってどんどん不要なものが出てきて、自分を責めて嫌な気持ちになりがちですが、そういう気持ちも解消されます。
これってデトックスやセルフセラピーに通じていると思います。

 
よく、片づけや大掃除になると、まず収納グッズや棚やケースを買いに走りますが、これは不要です。
むしろスペースが余るからです。
用意するものはゴミ袋のみ。

不思議なもので、自分がときめくものって数が限られてくるのでおのずと今の収納スペースに収まるのです。

捨てる儀式が済んだら、今度はきちんと物が休むべき場所に帰してあげます(つまり収納する)
私たちが家に帰ってくつろぐように。

なにしろときめくものしか残っていないので、収納も楽しい気持ちです。

ひとつ、印象的な話が、靴下を織り込んだりストッキングを丸めてじゃがいもごろごろ・・・みたいに収納してはいけない。という話。
靴下もきちんと休ませてあげないといけないなあと思いました。

衣類の畳み方、収納法などはそうなんだ!と膝を打つ感じでした。
一度覚えたら一生使える。
日本人は本来、着ものや浴衣などを畳んできた民族なのだから、遺伝子に組み込まれているのでは。という所もなるほどと思いました。

全体を通していえるのは、物にも魂があって、それを大事にする気持ちはきっと使う人も守ってくれるということです。
職人やスポーツ選手が道具を大事にするように、自分も家や自分の使うものは大事にしてあげる。
すると応えて守ってくれる。

こんまりさんのレッスンでは
家に「ただいま」と声をかけてあげる
がまず最初のルールだそうです。
何に対しても感謝や労わりの気持ちが大事なんだと思います。


・・・・学校の読書感想文みたいになってしまい失礼しました。

もし気になった人は、きっと今がこの本が必要なときなんではないでしょうか。
ぜひおススメです。





スポンサーサイト

● COMMENT ●

先日キッチンの片づけをしました。
食器類の収納がしやすくなってストレスも減りました(笑)
でも子どものおもちゃだけは別でしょうか???
なんで毎朝毎晩こんなにモノがでてくるんだ…?
でも子どもなりにぜんぶ使ってるんですよね。

なつさん

本当にすっきりすると毎日の心のざわつきがなくなります!
3歳の子でもできるらしいですよ!
今度本回しましょうか(^O^)

素敵☆

「ときめく」って、素敵な言葉ですね♪
「ときめく」か「ときめかないか」。。。
実に単純ですが、でも、まさにその通りだなと思いました。

長男は、
車で出掛けて、帰って来た時、
必ず車に「くるまさん、◯◯に連れて行ってくれてありがとう」と声をかけて降ります。
いつも、
「運転したの私なんだけどな~」なんて思ってましたが(笑)、
これも大事な事なんですね(反省)。。。

shioriさん

コメントありがとうございます♪
はい、本当に素敵な言葉です。
「これ、いるの、いらないの!?」より
「これはときめくの、ときめかないの?」
って言いながら掃除するので何だか嫌な気がしなかったです。
この基準で残ったもの達をみると、私ってこういうものが好きなんだ…ってつくづく感じました。
ちなみに片づけられない女まっしぐらだと思っていた娘もこの方法でちゃんと片付けできました。
有効な時間が増えてお手伝いをするようになったし、大収穫でした(●^o^●)

shioriさんの長男君、素晴らしいじゃないですか(*^_^*)!!
それはいい男になるなあ(笑)

いい!ときめきで判断ね!

集中して読みました、遊さんの記事。
なるほど。
こんまりさん(^o^)

ときめきで判断してみる!
一人でスパッと。
感謝の気持ちをこめてね☆
しかし
遊さんのアンテナは広いなあと
すごいなーといつも思っています。

楽しいね(ピース)

ぺるるさん

そんなに言っていただいてありがとうございます(●^o^●)
ぺるるさん宅はいつ行ってもときめくものばかりだと思いますよ♪
アンテナ広いですか?完全にアナログアンテナですけどね(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://seasonic777.blog57.fc2.com/tb.php/248-eb546219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空色の四万十川と桃色のサルスベリ «  | BLOG TOP |  » 室戸ドルフィンセンター

プロフィール

遊

Author:遊
高知・四万十より
遠くに住む友人に捧げるつもりで書いています。
田舎ならではの自然の写真もどうぞ。
帰る田舎のある人もない人も、懐かしい気持ちになれるようなブログになるといいなと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (464)
写真 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。