ブログ青空

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食について - 2010.10.03 Sun


近年よくキャラ弁のブログとか雑誌の記事をみかけます。すごく綺麗で出来栄えも素晴らしく、お母さんの情熱には感心、称賛します。
でもそれって本当に子どもにいいのかな?
とふと思ったことがあります。

そんな中みつけた、
キャラ弁や油ばかりのこんだての真逆のこんだて本がこれです。

主婦の友社 幕内秀夫「子どもこんだて」
はじめに「ごはん、みそ汁、漬物、お茶」日本の伝統食がじょうぶな子どもをつくる」とあります。 
これを読んで、子どもの食事ってこれだけでいいんだ!と心が軽くなった気がします。
キャラ弁を否定はしません。
でも見た目の為ならご飯にチーズでもハムでものっける、ピンセットを使う、など手段を選ばない所には少し違和感もありました。
お弁当は見た目がよければ開けたその瞬間は嬉しいのですが、実際食べるとなると、食べやすい大きさ、味つけ、好みなどが重要で、食べる人への思いやりがつまったものだと思います。

この本は正直言って私達が刷り込まれてきた肉、魚、牛乳、卵!といった栄養食の概念からは外れているかもしれません。
あと今流行りのマクロビオ何とか…とか、絶対に無添加!とか…こだわりすぎると高くついたり身動きできなくなったりするのですが、それとも違います。
これは今手に入る食材ですぐ、無理なくできると思います。
日本人は主食のご飯、漬物、味噌汁があればこと足りる。肉や魚は週1とかたまのご馳走でいい。
決して手抜きではなく、昔から日本人が食べてきた日本人の体にあった食のかたちなのでは、と思います。ご飯(玄米が理想)でお腹をふくらます、懐かしい食事です。
この食事の良いところは、後片付けが楽な所。
油をあまり使わないので、楽チンです。
なんか最近飽食だなあと思ったら、たくさん運動した後おにぎりと梅干しとお茶だけ!
これで充分満足するはず!ですので一度お腹を空かしてお試しあれ。
です^^
多分これだけで普通に痩せると思います。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

昔からの食事が一番いいのかもしれませんね。
子どもの通ってた幼稚園が、そんな感じで、
お弁当に、ウインナーとか卵とかは入れてはいけなくて、
ごぼうとか、レンコンとかを入れましょうというかんじでした。
それに慣れてしまうと、なかなかカラフルなお弁当が作れなくて、小学校に行っても、
地味~な色合いのお弁当になったりしてます(笑)
あまりに地味なので、卵は入れるようになりましたが、根っこのものと梅干は欠かせません(笑)

soraさま

お子さんいい幼稚園に通ってらっしゃったんですね^^
自然の中でのびのび遊ばせてくれそうな気がします。
見た目は地味なお弁当でも、食べると美味しいですよね! 私は茶色いお弁当も好きでした!
どんな中身でもお弁当を毎日作っている人を、尊敬します。

子どものこんだて

気になりますよね
私もいぜん、おなじような本を読んだことがあります♪
「こどもはごはんで育つ」みたいな…

いま、よくみてみるとおなじ人がかいたものでした…(笑)

同じ人

この人の著書にお弁当バージョンもあったと思います。
なんか気が楽になりますよね。
私はこれを読んでぬか漬けに挑戦したことがあります。数日家をあけたりした時に挫折しましたが… 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://seasonic777.blog57.fc2.com/tb.php/120-a77113ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夕焼け «  | BLOG TOP |  » 秋の夕陽

プロフィール

遊

Author:遊
高知・四万十より
遠くに住む友人に捧げるつもりで書いています。
田舎ならではの自然の写真もどうぞ。
帰る田舎のある人もない人も、懐かしい気持ちになれるようなブログになるといいなと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (464)
写真 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。